音楽/音声ファイルからの変換(基礎編)

最終更新日:2004年08月20日

 

  RealAudioファイルを作成するにあたり、元ファイル(音声/音楽ファイル:.wav)を準備する必要があります。
 ここでは、RealEncoderの操作手順を知るために、Windows95/98に添付されている音声/音楽ファイル(.wav)を利用してみます。
 (Windows98におけるメニュー名称になっているため、Windows95とは若干異なる場合がございます。)

  1. RealAudioファイルに変換する音声/音楽ファイル(.wav)を探す。
    [スタート]メニューから[検索]、[ファイルやフォルダ]を選択して検索機能を起動、名前に[*.wav]を入力して検索してください。
    検索メニュー
    ↓検索画面 ([*.wav」を入力)
    検索画面
      
  2. 検索して探し出せた音声/音楽ファイル(.wav)のうち、最もファイルサイズが大きいものを使用します。(再生時間がより長いため)
    Windows98の場合は、[C:\WINDOWS\MEDIA]フォルダに[The Microsoft Sound.wav]ファイルがありますのでそれを使用します。
      
  3. RealEncoderを起動。
    [RealEncoder5.1の環境設定][Advanced Mode]を選択している場合は、下の[Advanced Mode]画面が表示されます。
    Advanced Mode画面(ファイル選択)
      
    表示されない場合は、[Advanced Mode]に設定をしたあと、[File]メニューにある[New Session...]を選択することで上記画面が表示されます。
      
  4. [Input Source]エリアにある[File]ラジオボタンをチェックし、[Browse...]ボタンを押してRealAudioに変換する元ファイル(音声/音楽ファイル:.wav)を指定します。
    (3.における画面)
      
  5. [Output]エリアにある[RealMedia File]ラジオボタンをチェックし、[Save As...]ボタンを押してRealAudioファイルの保存先とファイル名を指定します。
    (3.における画面では、D:ドライブのworkフォルダにmssound.rmで保存)
      
  6. 変換元のファイルと保存ファイル(RealAudioファイル)の指定が完了したら、[OK]ボタンを押してRealEncoderのメイン画面に戻ります。
      
  7. 作成するRealAudioファイルの題名やエンコードタイプの設定(8.)を行います。
    情報設定とエンコードタイプ設定
      
    [Title:]=>題名、[Author:]=>作者、[Copyright:]=>著作権情報を入力。
    [Mobile Download][Selective Recording]チェックボックスからは、チェックをはずします。
    (これは、RealPlayer Plusなどにおいて再生中の音楽/音声をローカルディスク(HDD等)に保存できるようにするか否かを指定します。)
      
  8. エンコードタイプの設定は[Recording Templates]から選択します。
    [28.8]、[56K]や[112K]といった数値はモデムなどの通信速度を表わし、RealPlayerを用いて音楽/音声を聴取する側の環境に合わせた選択が必要になります。
    ここでは、[Audio 28.8, Music - Mono]を選択いたします。
      
    (注意)
    ISDN回線が普及してきたとは言え、まだ、33.6Kbpsモデムの使用比率は高い状態にありますので、28.8Kbpsモデムを対象にしたRealAudioファイルを作成することをお勧めいたします。
    RealAudioファイルを置くサーバのディスク容量に余裕があるかたは、28.8Kbpsモデム用と56Kbpsモデム(兼ISDN)用の2種類のファイルを作成しても良いでしょう。
      
  9. 準備が整いましたら、RealAudioファイルに変換してみます。
    7.の画面における[Recoding Controls]にある[Start]ボタンを押して変換を開始。
    (途中で止めるときは[Stop]ボタンを押して中止)
      
  10. 変換が終了したら、[Recoding Controls]にある[Play]ボタンを押して再生をしてます。
    (RealPlayerが起動し再生が開始されるはずですが、再生されない場合は変換して作成されたRealAudioファイル(mssound.rm)をダブルクリックして再生をしてみてください)
    変換開始、中止と再生開始
      
  11. うまく再生が行われたら、変換操作は完了です。
    また、7.の画面にあるように[Recording Templates]から[Audio 28.8, Voice][Audio 28.8, Music - Stereo]を選択した場合、どのように音質が変わってくるか確認してみてください。

 

 

(C)Copyright 1998,2000 seagull's Home. All rights reserved